読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにさんちの生活簿

子育てしながらのほほんと日々のお話を書いているブログ。

結婚式をするかしないか

トピック「結婚式」について

 

久々にトピック日記書こう。

 

入籍だけして結婚式してなかった人間です。

結婚ありきで同棲→1年後入籍→1年後挙式→1年後出産

そんな遍歴です、はい。

 

はじめは写真だけでもとろうねという話をしてました。

でも折角なので、挙式と親族のみの食事会はしようという感じで調べ始めて、

休めの設定の場所を見つけて勢いで予約したらなんだか反対とかされて大泣きして、

夫がいろいろ説得してまあ結局式はすることになりました。

 

30人くらいよんで、式とちょっとした披露宴的な食事会。

少ない友人を呼んだりして小さいながらほっこりした式をしました。

お色直しもなしでお金もそんなにかからないように手作りできる部分は手作りして。

少ない貯金の中で温かい式をした。

http://instagram.com/p/VCBpzfCogi/

 

両親に今までのお礼のお手紙を読んでちゃかしながらも泣いてくれたお父さんとか

いつでも味方してくれたお母さんの涙とか、夫に娘を幸せにしてくれよとお父さんが抱きしめてる姿を見たりとか、

私の結婚を本当に楽しみにしていた今は亡き祖母の生前の服をなおして出席してくれた叔母で号泣とか。

このめがねと洋服はおばあちゃんのものだから、おばあちゃんもきっと天国で喜んでくれてるからねといわれて泣いた。

結婚式しなかったらそういうこともなかったと思うし、やってよかったと思っている。

 

お金の問題はついて回るのはわかるけど、シンプルなものを選んで、オプションを進められても断って(笑)手作りした方が安くなる部分は手作りして、

司会頼むとお金かかるしどうするかと思っていたら知り合いがやってくれるという人脈に恵まれた部分もあるけど。

頑張ればご祝儀もあるし、黒字までは行かなくてもとんとんか、ちょっと足が出るくらいでできるので、思い切ってやってよかったと思っている。

 

タイミング的にもちょうどいい時期だった。

子供が生まれてからだとまた大変だし。

 

ひとつのけじめとして式をすることは悪いことではないと思う。

喜んでくれたみんなの笑顔を見れただけで幸せでした。

私は本当に幸せ者でした。

過去形じゃないね、今もとても幸せです。

息子が仲間入りして毎日わちゃわちゃ忙しいけれど、幸せな日々です。

 

式のお金でいろいろ買えるというのもわかるんだけど、この思い出はやはりそのときだけだから、悩むなら親族だけの小さい式でもやったほうがいいんじゃないかなーと思いますですよ。

 

とひさびさのトピ的日記なのでした。

 


 スポンサードリンク