読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふにさんちの生活簿

子育てしながらのほほんと日々のお話を書いているブログ。

幼稚園のこと

気がつけばブログ忘れて数ヶ月。

幼稚園入園であれこれ大変だった事を残しておくべくブログかく。

 

まず第一にうちの息子は発達グレーで療育中。

療育の幼稚園に願書だして、並行して普通の幼稚園も話し通して面接してました。

 

療育の幼稚園落ちたらそこの幼稚園に入れるように立ち回っていたのですが、色々手違いで療育幼稚園は落ちるし、その幼稚園も定員オーバーで受け入れたくても無理になってしまった。

 

さて、慌てて幼稚園協会に電話してまだ空きのある幼稚園紹介してもらったのが12月中旬。

幼稚園はもう年末休みだろう時期プラス自分の体調がすぐれず、空きの幼稚園から行けそうなところピックアップ位で年始になりました。

 

さて、家からバスも来てるという幼稚園電話しまして、療育してる事も話し、面接しましたところ渋い顔。

息子とお話したりもなく少し様子を見ただけで息子さんは幼いので週5は耐えられないと思います。

入るとしても午前だけか週2か3もしくは2年保育にした方がいいと。

その後すぐにうちの近くの隣の市の幼稚園に話聞いてもらったら?みたいな感じで受け入れたくない空気感バリバリでその場ではでは検討しますと言って帰宅した。

家で涙が溢れた。

息子は確かにやっと二語文出てきたくらいで、幼いとは思う。

トイレトレーニングも全然だし…

でも他の子に手をあげたりはしないし、仲良く遊べる。

園長さんはこれが年少さんです、これくらいできないとみたいな感じで事務所から見えた年少さんの子たち見たんだけど、今の年少って事は一個上でもう5歳近くの子もいたりで息子と違うに決まってるじゃん、そこと比べるのかよと家に帰ってからふつふつ怒りまで出てきて、絶対ここにはいれんと心に決めた。

さて、言われた近くの幼稚園にも電話しましたよ。

もう一杯で受け入れ無理だって。

さてはてもうパニックですよ、幼稚園浪人か…と。

2年保育はパパが難色示してて絶対3年保育で他の子と触れ合った方が息子は伸びるって思ってたのね。

家から電車乗ってバス乗って1時間くらいの幼稚園に藁も掴む思いで電話。

療育してる事も言って、他のところに電話してみた?と聞かれて上に書いたようなこと言われた事話してたら涙がまた溢れてきて園長さんがそれなら今からうちに面接においでなさいと。

すぐに息子連れて幼稚園へ。

息子は大好きな電車にバス乗れたのでご機嫌。

園長さんとお話したのち、息子の面接。

終始穏やかな感じで進んで、ハサミは下手くそだったけど、色の名前言えたし、ネコとかバナナとかわかったし、数字も少し言えた。

園長さんはこれだけできれば上出来、断る程じゃない。うちに来なさい!と。

家から遠いのだけ心配されましたが、私は息子が認めてもらえて受け入れてくれるなら少し遠い位大丈夫だと入園決めました。

幼稚園は園長の考えとかあるからそういうのも見て決めるみたいな話はよく聞くけど、発達グレーの子はそれプラス断られる事もあるのを覚悟しないといけないのかと思った出来事でした。

療育にその後その話したら、遠くてもそういう幼稚園に入れた方がいいと言われて安心しました。

息子に合いそうなのびのび遊ぶ系の幼稚園。

4月から楽しみです。

そして、その後療育の幼稚園から辞退者でたから空きが空いたという電話ありましたが、なんと今更…と幼稚園決まった事伝えて断った。

辞退するなら願書出すなよ〜と少し思ったけど、まあしょうがない。

療育の幼稚園に通うとなると療育手帳作る事になるのも色々思う事もあって今はこれでもよかったのかなと。

3歳児健診まだだけど、引っかかったりするかなー。

だいぶ言葉も出てきたんだけどなー。

と幼稚園決まるまでで大騒ぎだったお話でした。